1. 無料アクセス解析

志摩コーディネータ・ブログ

志摩をコーディネートする。☆ホームページへの入り口は右下にあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アカシヨット製3分割リトルボート

95年製造で、小型船舶検査にも、型式登録してある小型ボートですが、搭載されているトーハツの2サイクル、4馬力エンジンでは、小型船舶検査が必要です。元所有者から名義変更をして、船舶検査を受けなくてはなりませんし、登録が必要なものは、色々と費用がかかってきます。

2馬力エンジンを積むと、船検が不要と聞いたので、調べてみました。

日本小型船舶検査機構

長さ3m未満で推進機関の出力1.5kW未満の船舶は、
検査が要らないのですか?

船の長さ*1が3m未満で推進機関の出力が1.5kW未満*2のものについては、船舶安全法に基づく検査は必要ありません。また、船舶職員及び小型船舶操縦者法に基づく操縦免許が必要ない船舶は同じ条件に加えてプロペラによる人の身体の傷害を防止する構造*3を有するものとなります。
   
*1 船の長さとは、全長ではなく登録長さです。(詳しくはこちらをご覧下さい。)
   
*2 1馬力=0.7355kWですので、1.5kWは2.039馬力となります。例えば、2馬力の船外機は、1.5kW未満に該当します。
*3 「プロペラによる人の身体の傷害を防止する構造」とは、非常停止スイッチ、キルスイッチ、遠心クラッチ、中立ギアなどのプロペラの回転を直ちに停止することができる装置又は、プロペラガードです。
(電動船外機を除く。)
と、いうことは、この船に2Psエンジンを据えてしまえば、船検は不要ということで、エンジンを交換しました。

船外機も調べてみると、ヤマハ、トーハツ、スズキ、ホンダ、マーキュリー、あと無名の中国製のようなものなどたくさんあり、日本では環境負荷から4サイクルしか製造しなくなり、海外では、まだ2ストロークも残っている。

環境と燃費を考えると、やはり4ストローク、メンテナンスも考えるとやはり、日本製の新品を買うことが結局安上がりと決めて、日本製に絞る。

カタログを比べてみると、同じ2馬力でも、重量に差がある。
軽いもので13kg、重いものは17kg。

船が小さいので、とにかく一番軽いものを選んだ結果、ホンダ製となる。
http://www.honda.co.jp/marine/outboardmotor/products/bf2.html

軽い理由は、おそらく前進、後進の切り替えがないため、構造が簡単なためと思われる。後進したいときは、エンジンを180°回転させて、チラーを逆方向へ倒す。

唯一の空冷エンジンのため、音は結構うるさい。その代わり、水冷でないために、水の汲み上げが必要なく、陸上でエンジンをかけることが出来るのが、メリット。

4馬力だと水上を滑走するように、早く走れましたが、今は、遅いです。
でも、燃料消費率が0.9L/hなので、1Lタンクで1時間走れる勘定です。
コールマンのホワイトガソリン缶を携行すれば、タンク含めて5時間の走行が可能です。今は、20L携行缶を持っているので、20時間走れることになりますが、重量の問題から、不必要でしょう。

シーカヤックで、志摩町一周する予定でしたが、このリトルボートでやることになるでしょう。

みんな、こんな船は安定が悪くて、転覆すると言いますが、シーカヤック乗りから言わせたら、安定性に問題はありません。

また、直進をネジを締めて、固定出来るので、そうすると、チラーハンドルを持つことなく、体重移動だけで、左右にわずかずつカーブを切れます。

スノーボード、カヤック、サーフィンの進路変更と同じ原理です。

広くて、見通しがよく、波が静かなときは、手放し操縦が可能です。

アクセルにも、ネジがあり、これもアクセルを回した分だけ固定して、一定スピードを保つことが出来るという簡単な仕掛けなのですが、便利です。

シンプルな構造・シンプルな操縦性により、傍目から見るよりは、はるかに使い勝手が良い船です。

走行の様子は、上の写真をクリックすると、動画が出ます。

この船で、友人の真珠養殖工場に、あなご獲りカゴを仕掛けてあります。
毎朝夕の上げ下ろしと餌の入れ替えが、規則正しい生活のリズムを作ります。

また、獲物がカゴに入っているとうれしいですし、張りあいもあります。
捕れたあなごです。


スポンサーサイト
志摩の漁法 | コメント:0 | トラックバック:0 |

賢島別荘地 企業保養所 4,450万円(税込)

近鉄 賢島別荘地内の街に近くて、瀟洒な道路に面する保養所物件をご案内いたします。

所在地/志摩市阿児町神明
交通/近鉄『鵜方駅』徒歩約18分
土地面積/3496.94平方メートル(1057.82坪)
建物面積/1226.27平方メートル(370.94坪)
構造/鉄筋コンクリート造ルーフィング葺3階建
建築念月/昭和51年3月
接道状況/西側道路(幅員6mの近鉄・位置指定道路)
駐車場/あり
現況/平成21年9月末日まで、営業中
引渡し/ご相談
取引態様/仲介



●各階の利用状況●
1階:機械室・電気室・浴室(半地下構造)
2階:ロビー・食堂・管理人室・客室(4室)・娯楽室
3階:会議室・娯楽室・客室(5室)

賢島別荘地 | コメント:0 | トラックバック:0 |

海上写真撮影用舟艇 リトルボート所有

じゅんやんで、お知り合いになれました社長様から、使っていない小型艇を引き取りに来たら、あげるとおっしゃられ、兵庫県川西市方面まで、引取りに行きました。これが、新世界見学にも繋がっているわけですが、その船を友人の真珠工場へ定着させました。
この船は、リトルボートの名称で製作されている今もあるヨットメーカーの3分割ボードです。ほとんど使われていない船のため、新品同様で、魚探もついています。トーハツの4PSエンジンも新品同様で、スターターを5回引っ張っただけで、エンジンかかりました。安定性はないですが、4PSだと、水上を滑るように速く走らせることが出来ます。

しかし、小型船舶検査が必要となります。船検の名義も奈良県から、所有者変更しなければならないし、面倒です。少し前に、船舶免許の体系が変わったときに、この船型だと2PSエンジンを据え付けると、船検不要でしかも免許も要らないとわかりました。(私は、昔、真珠養殖もしていた関係で小型船舶1級免許所持者ですが)

そこで、環境にやさしい4サイクル空冷のホンダ製2PSエンジンを新品購入して、所有に係る経費を抑えました。

これkら、この船が真珠養殖工場などの海からの撮影に威力を発揮することになります。

船型が箱型で底が密閉のため、船の中に入った水は、汲み出す以外手がありません。また、日常、大雨の時に浮かべておくと、最悪、水没の危険性があります。

それでも、エンジンの取り外しの手間を考えると、表向きのまま、停船したいので、友人の使われていない船揚場へリトルボートを置くことになりました。
下に、木の丸柱(ナル)を噛ませて、船底を牡蠣や岩に当てずに揚げるようにしました。



上には、ホームセンターで売っているシードを掛けました。が、雨の雨の水量でシートが凹まないように、真珠筏の浮力体なる使われなくなった発泡スチロールのドラム缶状のものを3個突っ込んで、シートに山を作るようにしました。

また、シートの掛ける手間も省くために、でかいカーキャリア用のゴム・ネットで包みました。まず、当面これで、問題なく使えるでしょう。


志摩コーディネータ | コメント:0 | トラックバック:0 |

090608満月が海から昇るはずだった~じゅんやんへ

2009年6月8日は、暦上ほぼ満月のはずでした。
先日の海上の月が、19:50頃、あの感じだと、月は、夕方6時頃には、海から上がるはず。日の出は見てました。いつもの定点観測場所から、初日の出は、何度か見ました。その度に、水平線に雲があれば、海上から初日の出は拝めず、だいぶ揚がった雲間から照りだしたり、まったく雲がなく水平線から、きれいに出たり、雨というか、曇りというか、その年の初日の出は諦めたり、いろいろ経験があります。
 しかし、月の出は、まだ見たことがありません。太陽が顔を出すときは、朝も白み、太陽の出ないうちから、その辺りが明るくなり始め、どこから出るか、すぐ見当がつきます。しかしながら、月の出は、知りません。まったく見たことがありません。いつの間にか、天空に例えば昼間、夕方の明るい時間でも、あそこに月があると知ることはあっても、月の出を見たことはありません。
 しかも、注意して見ないと、太陽の反射ですから、どこから出るか、見当さえつかないのです。
 6月8日は、月齢上ほぼ満月です。(14.5~15.4夜の差はあり、正確な満月というのも稀です。昨晩は満ちかけ、今晩は欠けかけということもあります。)東海地方も入梅するので、今晩を逃すとしばらく満月の月の出は見れないと思い、麦崎で夕方5時から待機しました。そのときの写真です。

待っても待っても、月がどこからいつ出るのか?わかりません。
そうこうしてると、とっても寒くなってきました。
車にはいつもモンベルのアルパインジャケット(スノーボードに行くときに着るゴアテックスの防水の上着、これでもレイアーは、Tシャツとフリースの3枚で滑れます。インシュレーターの綿なしでも、-8℃でも滑れるやつです。)があります。それを着込むほどに寒くなりました。(下半身を守らないと、寒さは急にやってきます。)そして、出ない月を待って、夕方の空を撮りました。

地震雲じゃないか??っていうくらい筋状の雲も出ました。
また、きれいな雲も撮りました。

それでも、月は出ません。
麦崎に地元の青年が10×70の大型双眼鏡を持って、ベンチに座っていました。声をかけました。
月が水平線から上がるところを見たことがあるか?

イカ釣りをしてるときに、海から上がってくるところを見たことがあること、月の出は1日で約30分遅れることを話していました。
それでも、昨日19:50であの辺りに大野浜で出ていた事を考えれば、遅くとも19時から19:30には出るだろうと予想しました。

もう19時近くです。そこへ携帯電話が鳴り、人と会う約束をして、19:30には行くと約束しました。
まだ出ない月を待って、また写真を撮ります。


少し雲がかかって、海から直に上がる月は撮れないだろうと予想しましたが、もしかしたら、雲を通して月が見えるかもしれない。
 でも、まったく見当がつかないのです。どの方角から月が出るのか?
言い忘れましたが、ずっと海を見ていると、日没と思われる時刻から、大王崎の灯台が赤く点滅し始めました。だいたい12秒間隔で一瞬光ります。それを狙った写真ですが、なかなかシャッターを押したときに赤の点灯が当たりません。

時間がない。携帯電話のネット検索で『月の出 時刻』と検索すると、今日の月の出は、東京で19:38と判りました。もうこれでは、時間切れと19:23に麦崎を後にしました。


その後に、行ったその日の『じゅんやん』の料理です。
ちょっと揃ったので、写真を撮ってみました。フラッシュを焚くと、その雰囲気が出ないので、ちょっとピンぼけですが、フラッシュなしの写真を掲載しておきます。
肴は、さざえの海女小屋焼き(ちーちゃんが取った、取れたてのさざえをちーちゃん達海女さんが休む小屋の焚き火で焼いた、すごくおいしいさざえの海女小屋焼きです。)
それから、さばの刺身(ちーちゃんのごとく、これは醤油もつけずに食べれました。さばの味そのままで食べれます。醤油も要りません。それが実践出来る新鮮な『さば』ということです。さばは、生き腐れっていうくらい、鮮度が落ちるのが早いさかなです。それを刺身で、何もつけずに食べれるということは、如何に凄いことか、それが『じゅんやんの味』です。)
そして、またまた、海女小屋焼きのうに(ちーちゃんが取った取れたてのうにの海女小屋焼きです。うまくないわけがない、今からウニの旬です。)
それに、つきだしのポテトサラダです。

じゅんやん

今日の海況 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ハトマークサイト伊勢志摩支部宅建主任者一覧(Webに掲載されている方のみ)

ここをクリックしてもらうと、三重県宅地建物取引主任者の登録してある方々が閲覧出来ます。

良かったら、参考にして下さい。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取扱いについて
 志摩・コーディネーターは、個人情報を以下の目的で利用させて頂きます。

1)不動産の売買契約又は賃貸借契約の相手方を探索すること、売買、賃貸借、仲介、管理等に関する契約(連帯保証契約を含む)を締結すること及び契約に基づく役務を提供すること
2) 不動産の売買、賃貸借、仲介、管理等に関する情報を提供すること
3) 12の目的を達成するために必要な範囲で、契約の相手方及び売買・賃貸借希望者、他の宅地建物取引業者、指定流通機構、物件情報を書面又はインターネットで提供する者・団体・広告会社、融資に問わる金融機関、登記等に問わる司法書士その他専門家、提携損害保険会社、不動産管理業者、保証委託会社又はお客様の同意を得た第三者に対して提供すること
 なお、契約の相手方探索のために指定流通機構に対して物件情報を提供する場合及び指定流通機構に登録されている物件についてご契約される場合には、個人情報等を次のとおり利用致します。
 (1)契約が成立した場合には、その年月日、成約価格等を指定流通機構に通知致します。
 (2)指定流通機構は、物件情報及び成約情報(成約情報は、売主様・買主様・貸主様・借主様の氏名を含まず、物件の概要・契約年月日・成約価格などの情報で構成されています)を指定流通機構の会員たる宅地建物取引業者や公的な団体に電子データや紙媒体で提供することなどの宅地建物取引業法に規定された指定流通機構の業務のために利用致します。
? 提供される情報は、氏名、住所、電話番号、物件情報、成約情報その他必要な項目です。                       
? 提供は、書面、電話、電子メール、インターネット、広告媒体等の手段で行います。
? ご本人様からお申し出がありましたら、提供は中止致します。
   ※専属専任媒介契約、専任媒介契約が締結された場合には、宅地建物取引業法に基づき、指定流通機構への登録及び成約情報の通知が宅地建物取引業者に義務付けられます。
4) 上記1及び2の役務、情報を提供するために郵便物、電話、電子メール等により連絡すること
5) お客様からのお問い合わせに応じるため及び4の目的を達成するために必要に応じて保管すること
6) 宅地建物取引業法第49条に基づく帳簿として及びその資料として保管すること
7) 不動産の売買、賃貸借等に関する価格査定を行うこと
 なお、価格査定に用いた成約情報につきましては、宅地建物取引業法第34条の22項に規定する「意見の根拠」として仲介の依頼者に提供することがあります。
? 提供される情報は、売主様・買主様・貸主様・借主様の氏名を含まず、成約物件の
 特定が困難となる工夫を施した物件の概要・成約価格などの項目です。
? 提供は、書面、電子メール等の手段で行います。
? ご本人様からお申し出がありましたら、提供は中止致します。
8) 市場動向分析を行うこと


個人情報のお取り扱いについて | コメント:0 | トラックバック:0 |

志摩町片田・大野地区の海女さんたち

一昨日は、『志摩町海岸クリーン大作戦』という志摩夢まちサポーターズ主催の浜掃除のボランティア活動がありました。くだんの海藻類(このへんでは総称してモウゴイという)が、累々と打ち揚げられています。沖には、まだ寄せていないモウゴイの塊が浮かんでいます。浜掃除は私も参加してきましたが、やはり翌日は、同様に打ち揚げられ、一昨日の掃除は徒労に終わりました。だいたい、海に生えてたものが打ち揚げられても、それは、無害なんだから、放っときゃいいじゃんというのが、参加しての気持ちです。それを浜に埋めていましたが、見栄えを良くしても、1日でこれなんですから、そんなものの片づけを止めて、もっと肝心のペットボトルや発砲スチロールやビニールなどの人工物だけを選って、それでけ拾ったらいいのに思いました。(同級生もその意見は賛成やね。と言っていました。)

で、昨日、ボランティア活動をした大野浜を稲荷さんの帰り道、車を停めてみてみました。

あるある、一昨日の努力はまったくムダ!!!



そうこうしていると、海女さんの団体が集まってきました。ちょうど、堤防の降り口のところにいたからです。



天秤竿に海女道具!おぉープロフェッショナルだぜー!車から撮っていたのですが、思わず降りて写真を撮られてもらうことにしました。


胴には鉛。『腰痛めるやんな?』と声をかけると、
『これなかったら、尻浮いて、はざん(ダメ)のやんきゃー』

あまりのプロフェッショナル振りにもう1枚


階段のところで、記念撮影させてもらいました。


見ていると、とことこ砂浜へ歩いていって、浜に草履脱いで、何やら道具広げる人、スタンバッる人、グループが次第に分かれていきます。










なるほど、ある一段は、漁船が沖から迎えに来ました。(船に乗っていく海女さんは、船人(ふなど)と言います。)









大漁(だいりょお)してこいかい!♪

今の海女さんらは、ふなどグループなんや。

そんで、浜を歩いて、岸から漁に出かける海女さんらは、徒人(かちど)と呼ばれています。


志摩の海女さんらは、元気で、いかつい(強い)わ。

海女さんらが出て行った後には、砂浜にこんなものが置かれていました。




あと、脱いだ草履


志摩の見どころ | コメント:1 | トラックバック:0 |

片田稲荷・志摩市志摩町片田

せっかく、稲荷さんまで来たので、紹介しておきます。ここも、いい写真が撮れます。

この写真を撮っている場所は、稲荷さんの数あるお参り場所でも、太平洋に面して、小高くなった場所で、小さい祠が祭ってあります。

それを下に下りるところに恵比寿さんの像が安置されています。

そのすぐ左脇にまた、何かを祀っている小型の神社の建物があります。

そこを下りきると、本尊とその脇にまた小型の神社の建物があります。

そして、本尊の左脇から入ると、その左側に小さい祠があります。


今度は、本尊の裏へ回ります。そうすると、キツネさんがたくさん祀られている祠があります。



私は、国道脇の入り口から入りましたので、本来のお参り方の導線に沿って、本尊の写真を取り上げていきます。
まず、入り口にでかい鳥居が立っています。


太陽光の加減で後ろ向きに撮りましたが、この後ろ側が参道になります。
ここからが、写真の撮影には良い絵が撮れると自分では思っています。


地元の人が建てた鳥居が林立してします。

手水場の手前の池



由緒書き

階段を上がってご本尊


極彩色の天井画
創設のころ、伊勢山田の丸山派画家・野村訥斉(とっさい)が越賀に奇寓しており、稲荷神社の懇請によって有馬百鞭ら48人の師弟らと共に、極彩色の花鳥画を格天井の1枚ずつに描き残したものである。
(志摩町の文化財より)


真新しいのでびっくり、最近洗いをかけたのだそうです。

A.天井絵がすばらしい(志摩町、59、女)
B.小さい頃の年2回の縁日の楽しかった思い出が赤い鳥居の並ぶ参道が・・・思い出されます。  (伊勢市、47、女)
C.漁業の神様として信仰されている稲荷神社の屋根にある亀の背中に乗り、玉手箱を持った浦島太郎と、乙姫の龍宮瓦。平成になってから発見された。(志摩町、50、女)
D.屋根に浦島太郎がのっている!!神社の中、天井にきれいな絵がある。(志摩町、17、女)

これは、『伊勢志摩きらり千選』という伊勢志摩の名所を紹介するホームページから抜粋しました。上記の太い文字をクリックすると、リンクするようにしてありますので、良かったら、見てください。
絵天井は、私もちょっとだけ開いている隙間からカメラを忍ばせ、撮影に成功してきました。




『きらり』に載っている大きい画像は、ここです。

ご本尊


11月7日と1月7日がここの縁日で、屋台が立ち並びます。


志摩の見どころ | コメント:0 | トラックバック:0 |

伊勢志摩・志摩・志摩町片田・真珠養殖工場・駐車場あり・潮替り良し

真珠工場を売ってほしいといわれましたので、『動画』で物件の概要をお送りいたします。

1.260号線バイバスから、真珠工場の駐車場まで

2.駐車場から階段で工場まで降りて、英虞湾の眺めを見る


3.工場の石積みが壊れかけています。補修が必要です。

4.船の係留権について

5.海水の状態

6.ビーチの説明とと小さいピーチ側から見た物件の平地部分と海面

7.筏から見た物件と英虞湾の景色

8.筏から駐車場まで階段で上がる

9.駐車場から、国道260号線バイパスまで・おまけ、志摩町片田のサークルKまで
志摩の不動産 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。