1. 無料アクセス解析

志摩コーディネータ・ブログ

志摩をコーディネートする。☆ホームページへの入り口は右下にあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

お客様の釣行記

ゴールデンウィークにファミリーで訪れたお客様が、6月30日に今度はお友だちと二人で来て頂き、その時のキス釣りのご報告をしてくれました。(ありがとうございます)
ブログに載せてもOKとのことで、下記に記載します。



今日はどうもでした。
釣行logです。今後の参考になればとメールさせていただきました。
 
烏賊浦出てすぐ左に行き宮前浜にて流し釣り。当り少ない、型も小さい。
 ↓
御座白浜海水浴場へ直行。海水浴場沖テトラ付近(こっちから近いほう)で流し釣り。ポツポツ釣れるも型小さい&ベラ多い。
テトラ周りでジグヘッドワームで底物釣りに変更。即座にアタリ多発も、数投後に根掛かりでロッドがポキッ!!(汗
 ↓
根魚釣りは早々に断念するハメになり、キス狙いに集中することに決定し、おっぱい岩方面砂地へ直行し、流し釣り。
ポツポツアタるが、サイズが小さすぎ。中指くらいのピンギス多い。流しながら探るも徐々にアタリがなくなりだす。岩礁付近はベラの嵐×2。(「帰宅後の調理を考えるとやはり大きいキス食いてえ」ってな理屈で小物の群れは捨て流れ続ける。)
 ↓
大矢浜海水浴場沖テトラ周り。ベラ×2。
ちょいとむかついてきて、大矢浜の砂浜へ入り込むもベラやん!もうカンベン!
 ↓
「やっぱり御座周辺のが面白かったよな」と意見が一致し、御座海水浴場へもどる。
烏賊浦からは遠いほうのテトラ付近で流し釣り。キスのアタリ多発&持ち帰りサイズ。
水深が変わる辺り~深場へいく付近で20センチクラスが出る。
この辺でナイスサイズの群れにやっと出会うも、流れが速い。
アンカー落とすも、砂地ゆえにアンカーごとズリズリズリと流れる。
テトラ付近まで戻っては流れ、戻っては流れの繰り返し。
「最初からココで流せば良かったな~」、と言い合うもそれはそれ。釣りとはそんなもんですやん。
そんなこんなで、タイムアップ!となりました。
 
とりあえず、今回2回目のマジ釣行で底の地形がある程度理解できたので、次回が楽しみです。
ボートレンタル料金max上限1万円(時間無制限)とかやったら(8000円やったらしょちゅう行く)ず~っと居たいくらい面白かったです。
 
7時間(移動が多かったけど)でこの釣果(一人分)なんでチョイ寂しいですが、御座海水浴場沖があまりに面白かったのでリベンジが楽しみです。ちなみに相方は手のひらサイズのグレと、20センチオーバーのカワハギ?(ちょいと色が緑黒かったんで違う魚かも)を何枚か釣ってました(どっちも、烏賊浦から遠いほうの御座テトラ沖)。あと、ボクははじめてホウボウを釣ったのと、御座沖で釣れた海底付近のキスに何者かが食いつき、とんでもない引きを味わったのですが外れてしまい・・・。なんだったんだろうあの引きは?ヒラメ?イカ?心残りであるとともに・・・、又行きます!海水浴場(遠いほうのテトラ)沖!。
ま、今日つれたベラがガシorメバルやったらニコニコでしたわ~。
 
長文失礼!ではまた。


メールを下さり、本当にありがとうございます。

さて、キス釣りですが、去年は4月頃から御座周辺でたくさん釣れていたのですが、今年は5月になってもあまり釣れなくて、浜島沖を薦めていたのですが、型の小さいのがすぐに食いついてきて、20cmを超えるものが少ないようでした。
友だちにも聞いて、御座白浜海水浴場付近のほうが大きいものが釣れると言われ、お客様からもこのようなメールを頂いたので、本日御座周辺でキス釣りを試してみました。

今は例年通りに御座側のいたるところでキス釣れます。浜島沖よりサイズは大きいものが多かったです。

それならば、去年大型のキスが釣れていたポイントを試してみましょうと行きましたら、ビンゴです!

2時間、二人で15cm以上のキスが38匹、ポイントを移して釣れた一番大きかったのがこれ↓27cmでした。




口元が幅広く、見慣れたレギュラーサイズとは顔が違いました。
一緒に行ったのが、大阪のキス釣りマニアの友だちなので、「こんなんが確実10匹釣れたら、皆来るで❣❣」と喜んでました。

彼の自己ベストは、体長28cm。もちろん、こちらで釣りました。
スポンサーサイト

御座ミニボートセンター |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。