1. 無料アクセス解析

志摩コーディネータ・ブログ

志摩をコーディネートする。☆ホームページへの入り口は右下にあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

海上写真撮影用舟艇 リトルボート所有

じゅんやんで、お知り合いになれました社長様から、使っていない小型艇を引き取りに来たら、あげるとおっしゃられ、兵庫県川西市方面まで、引取りに行きました。これが、新世界見学にも繋がっているわけですが、その船を友人の真珠工場へ定着させました。
この船は、リトルボートの名称で製作されている今もあるヨットメーカーの3分割ボードです。ほとんど使われていない船のため、新品同様で、魚探もついています。トーハツの4PSエンジンも新品同様で、スターターを5回引っ張っただけで、エンジンかかりました。安定性はないですが、4PSだと、水上を滑るように速く走らせることが出来ます。

しかし、小型船舶検査が必要となります。船検の名義も奈良県から、所有者変更しなければならないし、面倒です。少し前に、船舶免許の体系が変わったときに、この船型だと2PSエンジンを据え付けると、船検不要でしかも免許も要らないとわかりました。(私は、昔、真珠養殖もしていた関係で小型船舶1級免許所持者ですが)

そこで、環境にやさしい4サイクル空冷のホンダ製2PSエンジンを新品購入して、所有に係る経費を抑えました。

これkら、この船が真珠養殖工場などの海からの撮影に威力を発揮することになります。

船型が箱型で底が密閉のため、船の中に入った水は、汲み出す以外手がありません。また、日常、大雨の時に浮かべておくと、最悪、水没の危険性があります。

それでも、エンジンの取り外しの手間を考えると、表向きのまま、停船したいので、友人の使われていない船揚場へリトルボートを置くことになりました。
下に、木の丸柱(ナル)を噛ませて、船底を牡蠣や岩に当てずに揚げるようにしました。



上には、ホームセンターで売っているシードを掛けました。が、雨の雨の水量でシートが凹まないように、真珠筏の浮力体なる使われなくなった発泡スチロールのドラム缶状のものを3個突っ込んで、シートに山を作るようにしました。

また、シートの掛ける手間も省くために、でかいカーキャリア用のゴム・ネットで包みました。まず、当面これで、問題なく使えるでしょう。

スポンサーサイト

志摩コーディネータ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<賢島別荘地 企業保養所 4,450万円(税込) | ホーム | 090608満月が海から昇るはずだった~じゅんやんへ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。